誤飲を防ぐための解決策

医薬品は病気やけがを治すものとして非常に有益なものです。
しかし、利用方法を誤ると非常に危険なことにもなります。
誤飲もその1つで、薬を謝って飲んでしまうことによって健康被害を起こしてしまうようなケースがあります。

薬の誤飲を防ぐには対象によっていろいろな方法に分かれます。
まず、小さい子や乳幼児による誤飲を防ぐ解決策としては、こどもの手の届く範囲に薬を置かないというのが最も効果的です。
また、手の届く範囲であっても鍵をかけるなど子どもが医薬品を取り出すことができない状況を作るのがよいです。
また、最近では誤飲を防ぐための包装方法としてCRSF包装があります。
この包装をすることによって子どもでは簡単に開けることができないようなものになっています。

一方で、複数の薬を飲んでいる大人にも誤飲の可能性があります。
特に大きな病気などをして複数の薬を保有していると、どの薬をどのタイミングで飲むべきか分からなくなり、結果として誤飲を起こす可能性があります。

このようなケースでの解決策としては、薬をはっきりと分かるように1種類ずつ分けておくことが大切です。
複数の薬を一括で保管すると誤飲の可能性が高まるので注意が必要です。