薬の過剰摂取による死亡例

オーバードーズ・・・over(超えた) dose(服用・投薬)の複合語です。

薬の過剰摂取によって起こる急性な有害作用ですが、特に鎮痛剤や鎮静催眠剤、睡眠導入剤、抗うつ剤などの服用による事故が多く、1度の摂取量、異常な服用回数によって命の危険にさらされるケースも多く、自殺行為などの意図的でない死亡事故や違法薬物でない合法薬物によるオーバードーズも少なくありません。
・暇だったから無意識に薬という意識もなくお菓子のように飲んでしまう。
・眠れない毎日に耐えられず、日に日に薬の量が増え、効き目もなくなり、効くまで飲み続けた頃には意識がもうろうとし現実との境が分からなくなり、あるだけ薬を飲み死に至ってしまう。
・危険な酒との併用により効果を感じると思ってしまい、オーバードーズと飲酒による自傷行為を起こしてしまう。
ほとんどの場合が急性薬物中毒により死に至るケースですが、飲酒が重ねる事により、意識のないまま嘔吐物での窒息や、浴槽での溺死、過剰摂取後の車やバイクの運転死亡事故など直接的原因ではなくそれが引き金となり正常な精神状態でなくなり判断不可能な状態による死亡例も数々あります。
数ある死亡例ですが、自殺願望による行為でなく起こってしまったり、オーバードーズにより判断が出来なくなり起きてしまうのがオーバードーズの現状です。